タグ:ランドナー ( 4 ) タグの人気記事

旅する自転車の本 購入

ランドナー好きにはたまらない一冊という情報を頂いたので早速購入してきました。
夜勤中にコソコソ読んでいると、オーダーできるかどうかの丸石エンペラーが
気になって気になってしかたなかったです。

今朝メールがあって「550mmならオーダー可能だそうですが年中は難しいそうです」との報告が...
お金の目処が立つのもその時期ぐらいなのでオーダーお願いしました。ということはランドナーユーザーに確定です><b おめでとう俺!

目標は40歳だったのだが・・・

で、本のお話ですが、表紙に裏表紙で一目ぼれですよ。普段買っていた雑誌の表紙と言えば現行モデルか特集、来期モデルの自転車が並ぶのでRoad、MTB、折りたたみ自転車が目立ちます。

がさすが「旅する自転車の本」わかっています。えぇ~もう本当に裏表紙が
b0121029_0594292.jpg

TOEIのオーダー自転車じゃないですか・・・表紙もランドナーだし。

どうしても現行パーツで組む必要がある私にとって、この一冊の情報は大きいです。
現行パーツでもランドナー用、スポルティフ用、ツーリング用のパーツ紹介もされているので情報源としてもよかったです。


何より、写真集みたいで最高でしたw

定期的に刊行してくれないかな~「ランドナー情報誌」とか


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by ro_nikki-fuzzy | 2009-09-25 01:05 | 自転車

オーダー!

丸石エンペラー!(ビストロスマップ風?)

ということで
ウオサイにて丸石のランドナーをオーダーしてきました。ただし、ココ最近毎年、「来年は生産がないかも」と言われている丸石のエンペラーです。既に今年の限定生産のフレーム520mmは生産終了になっており、550mmも各ショップ(ネット調べ)では在庫なしが目立ちます。

現在、ウオサイさんに入荷可能か確認してもらっている段階なのでなんとも言えませんが、確認でき次第メールにて連絡が来る予定です。
いやぁ待ち遠しい分、入荷不可となると凹むなぁw
色はブルーにしました。緑でもよかったのですが、まだまだ歳は若いのでブルーで。見た目はおっさんですけどね(汗


b0121029_2385434.jpg

・・・ごくり・・・




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by ro_nikki-fuzzy | 2009-09-19 00:09 | 自転車

ランドナー模索

そろそろ自転車業界は2010年モデルが出てしまいます。
何を買おうかすごく悩んでいるところですが(買うのは決まってしまっている)
2010年モデルが発表されると、やっぱり2009年モデルって手に入りにくいんだろうなぁって・・・

ランドナーを買うなら色は渋い赤、赤というかバーガンディやマルーンレッドといった深みのある赤がいいと考えています。緑はなぁと・・・しかし自分にこの深みのある渋い赤が似合うかどうか・・・

b0121029_21402287.jpg

ラレーのランドナー、簡単に調べたところ、既に2007年からモデルチェンジなしwww
これは2010年でもモデルチェンジしていない 可 能 性 があり!
MASIの2010年モデルにランドナーがある、なしでまず判断しあってもムムムという感じであればラレーかぁって
ラレーのタイヤは以前も書いたように700cのサイズなので、Roadのタイヤが使いまわせます。タイヤは別にしてもどちらも予備になるというのは大きい。
MASIのスペシャルランドナーはタイヤのスペックが書いてないのでいまだわかりません・・・
この辺りが多いに悩むところです・・・

なんでランドナーに拘るかは大きく3つ
1、Road、ランドナーが欲しかったから(子どもの時ね)
2、カメラに合うのはRoadよりランドナー
3、旅の伴侶はやっぱり...


そ、そういえば...淡路島一周したときにお話したランドナーの方はMASIのスペシャルランドナーだった・・・質問しときゃよかった・・・・(ノ゚ρ゚)ノ ォォォ・・ォ・・ォ・・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by ro_nikki-fuzzy | 2009-09-13 21:47 | 自転車

影響はされているが

初めてGTのシリーズ4のRoadを購入してから思いしたためているのが「ランドナー」或は「スポルティーフ」という車種。価格にしてコレもRoadと一緒でピンキリです。

お金という面もありますが、購入に踏み込めない理由としては、パーツが以前に比べ流通していない点。パーツ、消耗品があるかないかは自転車事態を買っていないので体感していませんが、RoadやMTBに押され圧倒的に少ないのは感じています。レトロという言葉が似合う自転車で、この車種の雰囲気はなんとも言えません。それ一台で絵になるというか・・・



だからといって諦めたくは無いわけで。
だから調べている、調べてもらっているわけですが、やはり勧められます。700cタイプやMTBタイプがいいんじゃないかと。でも大半の700c・MTBタイプはダイヤモンドフレームでトップチューブが斜めになっている。ホリゾンタルフレームでダウンチューブにシフトレバーが付いているタイプが...

ホリゾンタルフレームで、700cのタイヤを履き、ダウンチューブにシフトレバー、フェンダーが付き、水色や黄緑といった派手な色でなく、紺や深緑といったこれぞランドナー!といったカラーの自転車はないのだろうか・・・

まぁ色々調べて出てきたのが
b0121029_1112557.jpg

これはラレー
b0121029_1121777.jpg

ランブレット
b0121029_1134664.jpg

MASI
b0121029_115143.jpg

丸石エンペラー

もっと詳しく調べないとタイヤのサイズなどわかりませんが、MASIのバーエンドシフターがダウンチューブシフター(こういう名称なのかもわからないw)なら...

再来年までには手に入れたい一台です。
650cでも買うかもぉw





余談:先日、アオバ9巻が発売になりました。あとがきに書かれている内容、胸にきました。振り返れば周りはそんな人だらけ。ホームセンターの一万を切った自転車に3年も乗って、タイヤが歪んだとブーブー言っている人もいたものです。そういった人に限って、タイヤの空気が全然入っていなかったり・・・

売るほうも売るほうなんですよね。

『9800円』の自転車は『売れる自転車』ですが、『6万円』の自転車は『売るべき自転車』です。
と本には書かれていました。まったくもってその通りです
[PR]
by ro_nikki-fuzzy | 2009-08-09 01:29 | 自転車